沖縄県立宜野座高等学校

2017年11月アーカイブ

平成29年度 校内マラソン大会の結果発表!!

先週の11月17日(金)に漢那ダム特設コースにて、平成29年度の校内マラソン大会が開催されました。

その結果を紹介します。

【男子順位】7KM                     【女子順位】4KM

1位 吉田 慎太郎(2-1)24'07"          1位 仲田 萌乃(2-1)15'36"

2位 上原 恵都(1-3)25'36"            2位 佐藤 凜(1-3)15'53"           

3位 瑞慶山 彪我(2-1)25'39"          3位 仲栄真 亜美(2-1)16'24"

4位 安富祖 大地(2-1)25'40"          4位 島袋 涼華(1-2)17'12"

5位 宇久田 朝晴(1-1)25'41"          5位 我喜屋 結菜(1-2)17'15"

6位 兼次 樹翔(1-2)25'43"            6位 瑞慶山 まなか(1-1)17'22" 

7位 當山 涼介(2-1)25'45"            7位 山内 梨音(2-3)17'29"

8位 新里 健人(1-1)25'48"            8位 山内 玲亜(1-1)17'55"

9位 小橋川 和斗(2-3)25'58"          9位 仲間 優美(2-1)18'19"

10位 下地 伊蕗(1-3)26'01"           10位 比嘉 佑香(3-1)18'51"

【クラス順位】

1位 2-1 得点 46.4

2位 1-1 得点 56

3位 1-3 得点 71.3

4位 2-2 得点 72

5位 3-1 得点 86.1





















第7回 新聞スクラップコンテストで高江洲さん佳作を受賞

11月19日(日)沖縄タイムス朝刊の記事より

第7回県新聞スクラップコンテスト(主催:沖縄タイムス社)の入賞者が発表され、本校2年1組の高江洲エミリさんが【新聞感想文部門】において、佳作を頂きました。

本校は、今年度9月より、県内の県立高校で唯一のNIE実践校として指定され、日々実践に取り組んでいます。

NIE(新聞に教育を)に関しては、こちらをクリックしてください。

先日、HPに掲載した「主権者教育の記事」もNIEを中心にして行っています。

今後もNIEの実践や生徒のNIE実践を受けての様子などを随時、紹介していきたいと思います。







校内マラソン大会について

本日のマラソン大会は、予定通り行います

9時半までに漢那ダム公園へ集合してください。

命の大切さを学ぶ教室作文コンクール 三年連続最優秀賞 受賞 

第7回 命の大切さを学ぶ教室 作文コンクールで、本校、三年生の仲田 沙里南さんと喜久山 雛さんが見事、最優秀賞と優秀賞を受賞しました。

本コンクールの最高賞である最優秀賞の受賞は、本校が三年連続の受賞となっています。

◇最優秀賞(警務部長賞)

沖縄県立宜野座高等学校3年 仲田 沙里南

◇優秀賞(警察本部警務部広報相談課長賞)

沖縄県立宜野座高等学校3年 喜久山 雛

なお、最優秀賞を受賞した仲田さんは、11月26日(日)午後2時から、かでな文化センターで行われる「犯罪被害者支援を考える県民の集い」の場で、表彰式ならびに受賞者による作品朗読を行う予定になっています。

←集いの内容に関しては、詳しくは、左のポスターをクリックしてください。

また、優秀賞を受賞した喜久山さんに対しては、石川署の方から学校で表彰が行われる予定です。

仲田さんの作品の一部を紹介します。

この世界は生命にあふれ、今や地球には約七十三億人という数の人間が存在している。そのひとりひとりは、「命」を持っているがその命は具体的に目に見えない。「命」とは何だろうと考えてみた。私にとっての命とは「時間」のことだと思う。自分に与えられた「時間」である。それは自分の為だけに使うこともできるし、人の為にも使うことができる。この時間を通して人間は成長する事ができるし、充実感や幸せを感じることができる。

しかしこの「時間」の長さは皆同じではない。人によっては病気などで時間が短いこともある。そう考えると命の大切さが分かる気がした。」

★最優秀賞を受賞した仲田さんの作品を全てご覧になりたい場合は、こちらをクリックしてください。

保健たより(マラソン大会に向けて)

保健だよりが発行されました。

今回のテーマは...

ずばり!!「ガンバレ、マラソン大会」

11月17日(金)に宜野座ダム特設コースにて行われるマラソン大会にむけ、"マラソン大会をベストコンディションで向かえるために"何に注意が必要かを特集しています。

持久走は、心肺機能を鍛えるいいチャンス。

ちょっと苦しいぐらいのペースが良いと言われています。

だけど、無理は禁物...

保健だよりをしっかり読んで、その内容を参考にして、安全で、かつ 「自分も頑張れば、そこそこ(まあまあ、なかなかetc)できる」 気持ちを味わって下さい。

また、ケガの予防のために、走る前のウォーミングアップと走り終わった後のクールダウンの重要性について触れています。

生徒の皆さん、ぜひ、保健たよりの参考にして、ベストタイムが出るような軽やかな走りを期待しています。

詳しい便りの内容は、記事の画像をクリックするか、もしくはこちらをクリックしてください。

1学年IT企業一日体験学習を行いました

沖縄県が観光産業の次に、今後の力点を置いている産業がIT産業であることをご存じでしたか?

そうしたこともあって、沖縄県の主催でIT体験事業が行われていることを利用して、本校の1学年が11月10日(金)に1日を使って、以下の3つのコースへ分かれて職場見学を行いました。

(1)宜野座村ITオペレーションパークコース (オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社、株式会社okicom)

(2)IT津梁パークコース (ディノス・セシールコミュニケーションズ、沖縄クロスベッド)

(3)名護みらい館コース(PUREWORKS沖縄、名護イーテクノロジー)

それぞれの職場では、色々と思考を凝らした体験をこなす中で、生徒もこれまでITという言葉や仕事に持っていたイメージが大きく変わり、楽しくそして、意欲的に活動する中で、仕事に対して、これから身につけるべき力や考え方などに関して、考えることができたと思います。

ご協力いただきました企業の皆様には、この場をお借りして感謝を申し上げます。

大変ありがとうございました。

県高校新人大会フェンシング3冠達成!!

本日(11月1日水曜日)の琉球新報朝刊のスポーツ欄の記事です。

本校のフェンシング部女子が見事、県高校新人大会で3冠を達成しました。

本校のフェンシング部は県から強化指定も受けており、部員は少ないながらも、県外の強豪校へ勝利すべく日々厳しい練習に取り組んでいます。

今回の勝利を受け、さらに研鑽を積むことで、より高いレベルの競技力を身につけるべく、今後も目標達成に向けて頑張ると思います。

保護者の皆様、地域の皆様、同窓生の皆様、ぜひ今後とも変わらぬ応援とご協力をお願い致します。

↑上記の記事をクリックすると記事が拡大されます(PDF)